AGAと言ってしまっては男性と区別がつきません

名前からしていかにも男性だけのものと思われがちな男性型脱毛症ですが、女性だって発症しないわけではありません。しかしAGAと言ってしまっては男性と区別がつきませんから、現時点では女性男性型脱毛症、ちょっと見慣れない言葉かもしれませんが、FAGAと言われています。FAGAとAGAの差といえば、同じ薄毛でもM字状にはならないこと、全体的に髪のボリュームが失われて薄毛になる点、また、抜け毛を抑制する効果が女性ホルモンにあるため男性のように進行しないという点です。抜け毛というのは睡眠不足や体調不良などに加え、精神的なストレスが高じた際にじわじわと、あるいは一気に現れることがあります。俗に十円ハゲとも呼ばれる円形脱毛症は代表的な例です。それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症も過度なストレスが背景にあることが少なくありません。動物と同じように人間の場合も、強い刺激や緊張状態が続くと合成されるホルモンの割合に変化が生じます。ジヒドロテストステロンというホルモンはAGAの発症要因のひとつですから、何らかのストレスが発症の間接的な要因になっているのは間違いないでしょう。よくヘアカラーやパーマをAGA発症と結びつける人がいますが、それでAGAを発症するわけではありません。現在明らかになっている研究結果によると、AGAという病気はジヒドロテストステロンという性ホルモンに由来するものということが分かっています。けれどもパーマや白髪染め、おしゃれ染めが頭皮や毛髪に与えるダメージは少なくないため、性ホルモンとは関係のないところで抜け毛や薄毛の原因になっている可能性は高いです。ダメージを最小限に抑えられるよう、美容師に相談したり、自分でヘアカラーを使って染めるなら薬液残りのないよう丁寧に洗うといった配慮が大事です。やり過ぎは却って毒ですが、スカルプマッサージは男性型脱毛症(AGA)の治療に際してはとても良い影響を与えます。的確なマッサージによる刺激で毛根や頭皮全体が良い状態に保たれるので、医学的な治療をサポートしてくれるのです。上手に頭皮マッサージをすると頭部の代謝機能のアップにつながりますし、ターンオーバーで剥がれた角質や酸化した皮脂が落ちやすくなり、少ないシャンプー液で済むので頭皮への負担も減らせます。男性型脱毛症(AGA)の症状が発現するきっかけには男性ホルモンの関与が以前から指摘されています。テストステロンというごく一般的な男性ホルモンが人の身体の皮脂腺から分泌される特定の酵素によってDHTというホルモンに変化することにより抜け毛が発生するからです。どれくらいその酵素が分泌されるかは遺伝子によって親から受け継がれるのが定説で、薄毛というのは遺伝的な影響を強く受けていると今でははっきり断言することができます。治療を始めてから本人がAGAの症状の改善を実感できるまでには、ある程度の個人差を考慮しても、最低でも3ヶ月ないし6ヶ月程度の時間がかかると考えた方が良いでしょう。そんなスタート地点から始まり、治療開始前と比べてかなり改善されたと肌で感じ取れるようになるには何年という年数がかかることもしばしばです。毛髪のサイクルを考えても短期間に治療成果が表れるというものではありませんから、素人判断で中断したりせず、継続的に治療していきましょう。病院での処方薬のような公共の医療保険の適用対象で見た場合、AGAの薬はすべて対象外です。したがって男性型脱毛症の場合は保険適用外ということで原則として全額を自己負担しなければいけません。料金は治療次第で大幅に変わるので参考値を出すのが難しいのですが、確実にローコストというと後発医薬品を本来の薬の代用として使用していく場合です。反対に費用がもっとも高いと思われるのは植毛ですが、本人の希望次第では百万円以上かかった例もあります。抜け毛が多いからといって、AGAと決めつけるのは間違いです。間違えられやすいのですが、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪が通常よりたくさん抜けるというのは人間であれば普通のことです。時期でいうと秋頃、気温が下がってくると抜け毛が増えたと言う相談が増えます。人種の差もありますが成人男性の場合、季節性のものとは無関係に毛の生え変わりが行われているため、日に100本ほどは髪の毛が抜けています。人間の皮膚を保護するのが皮脂ですが、過剰な状態になってしまうと毛穴が詰まり、髪が抜けやすくなります。頭皮の清潔を保持することは育毛の基礎ですし、もしAGA治療を行うのであればそれを補うように生活の中に頭皮クレンジングのような良い習慣を取り入れ、理想的な地肌の状態になるようコントロールすることも大切です。地肌のクレンジング専用のシャンプーなどもありますし、女性のメイク落としでオイルが使われるように、余分な脂を落とせるオイルクレンジングなどを行うというのも手です。いずれにせよ頭皮の状態に合わせてケアしていきましょう。AGAは進行性の脱毛症なので、放置すれば状態は確実に進行します。とはいえAGAを専門とするクリニックでは、進行程度に見合った治療を提案しているので、間に合わないとは思わないことです。もっとも年齢的にいうと治療年齢が若いほど効果が出やすいといったデータもあるそうですから、気づいた時に早期に受診することが大事です。