自分自身より周りの人の方がよくわかる腋臭

どうしても体を動かすと心配になってくるのが腋臭じゃないだろうか。さらに、自分自身より周りの人の方がよくわかるのが恥ずかしい。クサいというだけでイメージダウンしたくない。出来ることなら、臭いを感じさせない人でありたい。自分がわきの臭い対策でするのは制汗剤のスプレーのみだが、お気に入りの商品というのがある。よく売られている「AG+」。銀イオンを含んだ殺菌剤が悪臭を退治するというスプレー。すこし衣類を脱いで吹き付ければ良いので持ち歩くバックの中にに入れておきたい物だ。ほかに気になったものがクリームタイプのものだけど、わき毛を剃らないとダメなので億劫だ。昔剃った事があるのだが、かゆみが出てくる。生活に問題が出るレベルだから自分は使いやすいスプレーを使っている。「8×4」や「ban」といった様々なスプレーを使ったが、スプレー自体についている臭いが自身のニオイと混じり合いすごい事になった事があるので、無香料の「AGプラス」が愛用品になった。簡単にできる対策なので「AG+」はお勧めです。
私は自身の足臭が気になります。バスタイムにはいつも指の間までちゃんとキレイにしてるのですが、イヤな臭いは取れず出勤時からほのかに臭いのです。退勤するころにはますます臭っているので、居酒屋などの座敷に上がる時には申し訳ない気持ちになってしまいます。足臭を自覚してから現時点までほかの人に指摘されたことは無いのですが、たぶん周りの人は気付いていると思います。皆に気を遣わせたくはないので、自分から冗談交じりに軽い調子でアピールしています。臭いと感じ初めた頃よりも酷くなっていると思います。確認してもとくに小指の間のにおいは強いです。勤務中に履き物をぬぐようなシーンがあると、すごいストレスになります。脱臭スプレーや消臭靴下を使用していますが、そんなに防臭効果がみられません。シューズ自体にも足臭が浸透している気がします。シューズに香水をつけるっていうのもやってみたのですが、それはそれは足のニオイと香水系のかおりがブレンドされて信じられない臭気を漂わせることに・・・。試行錯誤してきましたが、この頃は高頻度で足元をキレイにすることしかしてません。
身体のニオイってカラダの色んな場所から発せられるものですよね。足元や脇、時には全体的に臭うなんてことも・・・。周りに不快感を与えないように誰だってそれなりの対策は立てているでしょう。私自身も、一般的に臭くなりやすいと言われる場所は「清潔第一」を心掛けてきました。だけど先週、お母さんから「臭ってるよ」と言われました。まさかの発言にびっくりです。いつも「清潔第一」を心掛けているのにと。におうと言われても「体臭」って本人ではよく分かりません。と言う訳で、どのあたりが発生源なのかやむを得ず母に調べてもらいました。とは言え足の裏を匂ってもらうのは酷なので足元以外の両脇、関節部分など調べてもらいました。結局体臭となっていたのは、「耳のうしろ」でした。耳裏が臭うなんて知らなかったので衝撃を受けましたが、確かに意識的にキレイにした事がありません。ネット情報によると、耳裏は石鹸カスが残ったり汚れが定着しやすい場所って事でした。と言う訳で、シャンプーする際に耳裏部分もしっかりとキレイにする事にしました。みなさんも意識した方がいいですよ。予想外のニオイを発する「耳のうしろ」。