ケラチンという名前を聞いたことがありますか?

ケラチンという名前を聞いたことがありますか?これは髪を構成する主成分です。実は、ケラチンは18種類のアミノ酸から作り出されたたんぱく質なので、健康的な髪を育てるためには、良質なアミノ酸の摂取が求められます。先に述べた18種類のアミノ酸には、必須アミノ酸という、体の中では生成できない成分が存在しているため、日常的な食事で気を付けて摂ると良いでしょう。ちなみに、乳製品や大豆製品には必須アミノ酸が豊富に含まれているので、育毛には最適な食品です。数年前のことですが、毛髪クリニックとして有名なリーブ21がウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるというレポートを日本薬学会に提出しました。どういうことかと言うと、ウーロン茶エキスの中の成分が、男性ホルモンをDHT(薄毛を促進するホルモン)に変化させる酵素の活性化を抑制する効果が確認され、AGAという男性型脱毛症の症状が改善される可能性があるということでした。とはいえ、安易にウーロン茶を飲み続ければ、薄毛が改善されるという訳ではないことを断っておきます。女性の方からすると、ホホバオイルはクレンジング剤やスキンケアに使われているため馴染み深いかもしれません。なお、このオイルは頭皮マッサージのオイルとしても非常に効果的なのです。砂漠地帯で採れるホホバの種子から抽出されたホホバオイルは、皮膚への浸透率がとても高いのです。そのため、さらっとした使い心地で余分な皮脂の分泌が抑えられ、頭皮の環境が改善するという訳です。もちろん、頭皮の環境が髪の毛の質を左右するので、育毛治療をしている人にもおススメです。毎日のヘアケアで、誰もが必ず使うのがくしやヘアブラシだと思います。なにより、直接髪や頭皮を刺激するものですから、薄毛や抜け毛に悩んでいる時はそれに適したくしやヘアブラシを選ぶことが重要になります。例えば、くしの尖端が尖っていると、頭皮を傷つける恐れがありますし、安価なナイロンブラシは静電気で髪の毛が絡まることがあるため使用は控えた方が良いでしょう。やや高価になりますが、材質に人工素材が使われていないものの方がおススメです。運動不足は身体のあちこちに悪影響を与えますが、髪の毛にも同じことが言えます。適度な運動は、血行が良くなり発汗することで新陳代謝が促されます。こうした効果は育毛にとって大切なのです。新陳代謝が活性化すれば、細胞が活性化したということになりますから、巡り巡って、健康的な髪の毛の成長を促すと言えます。でも、運動それ自体に発毛効果が認められているのではありません。髪が生えやすい体質に変えていく、といった意味になります。近年、その有害性が様々に指摘されているタバコですが、これは抜け毛や薄毛にも影響を与えます。タバコのニコチンは末端部分の血管を収縮させる働きが確認されています。血管が収縮すれば血液が上手く流れなくなるので、頭皮に流れる血液も少なくなります。こうなると毛母細胞(毛髪の素になる細胞)に十分な栄養がいかず、働きが弱まってしまうため、育毛治療にとってはマイナスになります。育毛治療中には、タバコを止めると良いでしょう。身近にあるスーパーやドラッグストアなどでも、名前に「スカルプ」が入っていたり「スカルプケア」を売りにしている育毛対策のシャンプーを見かけます。スカルプというと分かりにくいですが、これは頭皮のことで、スカルプの名前の付いたものは頭皮環境を改善して髪の毛の健やかな成長を導くための商品です。とはいえ、スカルプケア用の商品でも通常のシャンプーと同様の注意が必要です。もし、洗い残しがあれば炎症や毛穴詰まりを引き起こし、毛髪の悩みがさらに根深い問題へ発展することもあります。こうしたリスクを避けるためにも、しっかりと洗い流すことを忘れないでください。レーザー治療のために毎回育毛クリニックに行くのは大変ですよね。最近では、クリニック程の効果はないものの、自宅でできる育毛ケアとして低出力レーザー育毛器具の人気が高まっています。とくに人気があるのは米国でFDA認可がされた育毛に一定の効果があると保証されている製品です。このFDA認可ですが、日本で言えば厚生労働省が認可した製品と言えば分かりやすいかもしれません。FDA認可の育毛レーザーは安全性も高く育毛に有効だと米国の政府機関が認めている製品なのです。生活習慣の改善の中でも、睡眠の質を高める事は健康的な髪の毛の成長を促し、育毛剤などを使用している場合、その効き目が実感しやすくなるでしょう。なぜなら、ヒトは睡眠時に最も多くの成長ホルモンが分泌され、このホルモンが傷んだ毛髪や体内の組織を修復し、正常な状態に戻していくためなのです。夜10時から深夜2時は脳内から出る成長ホルモンの分泌量が増加するので、意識的にこの時間は眠っているようにすれば質の高い睡眠をもたらし、育毛に繋がる事になるでしょう。当然ですが、毎日の食事が髪の毛の質を左右します。育毛のために欠かさず取ってほしい食材と言えば、良質なたんぱく質が豊富に含まれている食材です。髪の毛の成長のために、たんぱく質は必須の栄養素です。たんぱく質補給でおススメなのは大豆、乳製品、卵などが該当します。とりわけ、男性ホルモンを抑えるイソフラボンを多く含んだ大豆は、薄毛や抜け毛対策に効果を発揮してくれるでしょう。